考えてみませんか?社会保障のこと5

 年金の続きで保険料の比較をしてみます。今日はH24年1月18日ですから、第1号被保険者の保険料は15,020円/月、第2号被保険者のうち、厚生年金は16.412%、国家公務員は15.412%、地方公務員は15.862%の2分の1ですから、約16,000円/月月給19万円の人の保険料と同じくらい。第3号被保険者は負担なしです。ただし、この保険料で<基礎年金+厚生年金(共済年金)>が給付されるのですよ。

 追記:前回に、免除のことを書きました。保険料が免除(一部免除を含む)されても、給付金は満額と思いがちですが、違います。間違えないようにしてください。次回へ・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック