日本の将来の社会システム2

 時代に合わなくなった社会システムで、私が一番良い方法と考えるのは、60歳定年をやめること。分布図を眺めてみてください。1980年当時の大学(4年制)進学率は約25%、現在は52%、大学院の進学率も上がり、60歳でリタイアしたら何%の人が一生懸命働いているのですか?年金を貰うまで5年間どうやって生活するのですか?70歳になっても80歳になっても元気な人はいっぱい居るではありませんか。その人たちでは出来ない仕事が山ほどあるではないですか。

 例えば介護職では、高齢者や認知症の人たちの世話や話し相手は、彼(彼女)たちの方があっていると思いませんか?入浴や力仕事・食事の世話などは若い人たちに任せればいい。仕事を分担すれば良いのではないですか?他の仕事でも考えれば同じような場はいくらでもあるのではないですか?
                    続く・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あつみ
2012年02月21日 00:01
確かに老人に老人の相手をしてもらうというのはいいアイディアですね。うちの父親もいい年ですが、まだまだ元気ですしw こういう大胆な発想は、でも政府や行政にはないでしょうね・・・・

この記事へのトラックバック