ロシアより愛(500人)をこめて?

 APEC(ウラジオストク)の日露トップ会談で、プーチン大統領は、サミットで働いたボランティアの内の500人の「横浜までのシークルーズ」を考え、野田首相に話したという。日本政府は「ビザ」発給手続きを大急ぎで進めていると述べた。
          ”ロシアより愛をこめて!”
 「007」? 「ルパン三世」? いいえ、
               「500人の女性」ですが、本当の目的は・・・・・・
画像

 今、ロシアはヨーロッパへの「石油・天然ガス」の輸出が伸び悩んでいます。「ヨーロッパ経済の停滞」と「アメリカのシェールガス開発」による中東からのヨーロッパへの流入から。そのために、極東シベリアからアジアへの輸出を促進しようと躍起になっていると考えられます。
 ルパン三世が”ロシアより愛をこめて”送ってきたのは、『金塊』でしたが、今回の”愛をこめて”送ってきたものは、
              『天然ガスとメタンハイドレート』
                          ではないのかな?・・・

バイカル湖では、(前回に書きましたが)「メタンハイドレート」を日本の「清水建設」などが、ウラジオストクでは、「伊藤忠・川崎重工」・「三井物産・帝石」などが活躍しています。そして、「東シベリア=ウラジオストク」に4700kmのパイプラインが年内にも完成するという。
画像

 ウラジオストクから「新潟」まで海底パイプラインを完成させれば、「液化せず、ガスのままで」輸送できます。そこから、「仙台や関東」へはパイプラインが造られています。

 さて、本当に”ロシアより愛をこめて”
                 500人は来るのでしょうか・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック