動き出すのか!メタン・ハイドレート

 やっと、ニュースに取り上げられた、日本海側の  ”メタン・ハイドレート”

 「日本海側のメタン・ハイドレートは、海底上に塊であり、ガスの泡が出ていて見つけやすい。」と言い続けていた 青山さん夫妻。やっと、動き出した日本海側の自治体『海洋エネルギー資源開発促進に本気連合』<秋田県から、島根県までの10府県連合>。
 でも、資源エネルギー庁は、「日本海側については、生産技術の対象外」・「まずは、太平洋側を優先したい」と言う。 ”日本の官僚組織の言い分”
 今日の朝刊(山陽新聞)でも、北見工大と明治大のチームが、オホーツク海、秋田・山形・新潟沖合、隠岐の島近辺でも確認したという。

 追伸:メタン・ハイドレートについては、
        過去のブログに幾度か書いています。参考まで・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック