バントを学ぼう!

今、プロ野球でセパ交流戦が行われていますが、イライラしています。送りバントの失敗の多いこと(プロなのに)。もう一度高校時代に戻った方がよいのでは???
画像バントの仕方には、色々な方法があるのですが、私の推奨する方法は、図のように(左打者の場合で、右打者は反対ですよ)バットを握る左手は普通に握り、ボールがバットに当たる瞬間に右手(グリップエンド側)の握りを緩めるのです。『シーソー』を思い出してください。バットを握る左手が、シーソーの中心(軸)になり、バットの芯(ボールが当たるところ)と右手(グリップエンド)でシーソー(人)するのですよ。
そうすることで、バットのブレが抑えられると思うのですが、・・・・・<
ar clear ="all">

放送を見ていると、ほとんどの人がグリップエンド側を中心(軸)にして、左手でコントロールしているように見えるのです。(もちろん手だけで当てにいっているのもですが)これでは失敗必死ですよね。

一度試して見てください。『シーソー』ですよ!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック