テーマ:歴史に学ぼう

ベルリンの壁崩壊と「ピクニック」

 「ベルリンの壁」崩壊から、25年が経ちました。この事件を語るには『ヨーロッパ・ピクニック計画』を外せません。ベルリンの壁崩壊に繋がる歴史的大事件なのです。  ハンガリーで1989年5月2日に、オーストリアの国境にある鉄条網<鉄のカーテン>に穴が開けられたのです。このニュースが東ドイツに飛び込んでくると、多くの東ドイツ市民はハンガリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓に思う

 先日兵庫県南あわじ市の山中に「1500トンの墓石、不法投棄」のニュースが報道されました。(墓石は『産業廃棄物』です)墓石が大型化し、多額の処理費用がかかることから、不法投棄が横行しているようです。  墓石が大型化したのは何時からで、なぜなのか考えてみました。明治の半ば頃までは、日本人の埋葬は土葬が圧倒的に多く、殆どの人はそうでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~狂気の戦場ペリリュー~を見て!

 今日は「終戦記念日」です。先日、NHKスペシャル~狂気の戦場ペリリュー~を見て、太平洋戦争中にこんな戦いがあったことを知りませんでした。  日本本土から3200km南の海に、周囲26kmの小さな島『ペリリュー島:現パラオ共和国』があります。この島で、1944.9.15~11.25までの74日間に及ぶ逃げ場所のない”狂気の戦い”があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パナマ運河と日本人

前回太平洋戦争時に日本海軍が『潜水空母伊四○○型』で『パナマ運河』を攻撃目標としていたことを書きましたが、その”パナマ運河建設に携わった日本人”がいたのです。  その人は、青山 士(あきら)といいます。  彼は、静岡県磐田市生まれの土木技術者で、1903年大学(東大工学部土木工学科)を卒業し、単身渡米。運河工事のポール持ちか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜水鑑発射弾道ミサイルSLBMは日本の技術?

伊四○○型潜水鑑<太平洋戦争のときの大日本帝国海軍の”伊400、伊401、伊402:全長122m”>潜水鑑は、特殊攻撃機『晴嵐』3機を搭載し、『潜水空母』とも呼ばれていました。2012年まで世界最大でした。  日本海軍はアメリカ西海岸まで進行して、パナマ運河の攻撃を主任務とした作戦を考えていました。が、昭和19年12月に発生した東南海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦の中で・・・・・

 マレーシア航空の旅客機がウクライナ上空で、撃墜されました。その兵器は  ロシア製の『地対空ミサイル』ブーク ではないかと言われています。  争いはいやですねぇ~っ!  でも、今一番怖いミサイル兵器は、       『潜水鑑発射弾道ミサイル』SLBM なのです。  潜水鑑が世界中の海を航行しながら、いつでも核兵器を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日蓮宗と備前

日蓮宗は「不受不施儀」の宗派で開祖”日蓮1222~1282”です。このころ備前では関東<武蔵国>より”松田”がやって来ました。(ー元喬ー松田基泰:城内に持仏堂建立ーー元方:城内に道林寺建立ーーー元成1480ーーー元輝ー元賢~1568落城)  元喬は日蓮宗を信奉し、他宗を改宗させました。(1258)  元成は武蔵国金川の地名をとってこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成就寺と日蓮宗

 前回 ”成就寺~金剛力士像~を書きましたが、その続編として「日蓮宗”との係わりを私なりに調べてみました。  この寺は、1200年以上前に 報恩大師摩訶上人 (岡山市芳賀出身)によって開基された寺院です。彼は、孝謙天皇(聖武天皇の娘)の病気勅願(749)によって「報恩大師」を授かり、『報恩大師48ヶ寺』の最後に成就したという意味から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成就寺~金剛力士像~

 今日は晴天、久しぶりの外出です(通院のため)。以前から見学したい思っていた”金剛力士像”を所有している成就寺<岡山市北区>に行きました。  県道から少し入ると『仁王門』がありました。  旧仁王門は、350年前に建立されたそうですが、現在の門は平成22年10月に新築されたものです。 左に”阿像”右に”吽像”が設置されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラク内乱

 イラク戦争が2003年3月に勃発して11年、フセイン政権<アラブ人スンニ派>は倒れマリキ政権<アラブ人シーア派>に移り、米軍は3年前(2011)に全面撤退しました。  米占領局は、「分断統治」の手法を適用して、イラク全土を3つの地域に分ける「連邦制」を押し付けました。  北部クルド人自治区(人口の2割):中西部アラブ人スンニ派(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトラーの贈り物 

『ヒトラーの贈り物』~Uボート日本来航記~<朝日新聞>を読んで・・・  第2次大戦中、日独伊軍事同盟によって、ドイツと日本の間を潜水艦が行き交った。4隻のUボートが独から日本へ、5隻の日本の潜水艦が日本から独へ、無事に航行したのは、それぞれ1隻ずつだったようです。  1943年8月、広島・呉港に『Uボート』が到着しました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、何の日?<フランシーヌの場合>

 今朝目が覚めて、「今日は?」  3月30日 日曜日。⇒あっ!『フランシーヌ』 1969年(昭和44年)3月30日日曜日、パリの朝、ある女性が路上で焼身自殺したのです。  彼女の名前は、フランシーヌ・ルコント  30歳の彼女は、『ベトナム戦争』と『ナイジェリア内戦』に心を痛め、この日パリの路上で焼身自殺を図ったのです。この事件に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾で最も愛される日本人”八田 与一”3

 八田 与一氏が造った”烏山頭ダム”は、世界でも類を見ないものです。そのダムの型式はロックフィルダムといいますが、セミ・ハイドロリック・フィル工法で造られています。 これが完成されたダムの断面図です。完成すると外側は大きな石ですが、堤防の中心は水を通しにくい粘土のかたまりになるというわけです。 また、このダムは『粘土と少量のコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾で最も愛される日本人”八田 与一”2

 彼は、1886年(M20)に石川県金沢市今町(現)生まれ、東京帝大土木工学科を卒業し、台湾総督府内務局に勤め、ほぼ全生涯を台湾で過ごしました。台湾に赴任してまもなく、台湾の南方に”桃園大川圳”を造り、3万5千haの土地の灌漑をしました。  その後、総督府を退職して組合に入り、10年間を嘉南大圳の水源である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾で最も愛される日本人”八田 与一”

 先週、金 美齢さんがテレビ番組で、「あなたが一番尊敬する人は、誰?」と聴かれたとき、『八田 与一』と答えられました。エッ?誰だった?しばらく思いだせませんでした。彼は1920年~1930年に台湾にダムを築き、15万haの農地と60万人の農民から神のごとく祭られ、銅像が立てられ、ご夫妻の墓が造られ、毎年の命日にはお祭りが行われ、昨年(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄の王:キム・スロ 2

 ドラマを見ながら、「この頃って、他の国はどんな状態なのかな?」と思いながら見ています。日本は「卑弥呼より前だよなあ」。「倭奴国王印(57年)の頃だよなあ」。ヨーロッパは「ローマ帝国の時代で、ネロがコロッセオを造った頃だよなあ」なんて思っています。  ここからは私の想像です。”スロ”が鉄の製造技術を広く他の村にも教え、統一して『任那』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ”鉄の王:キム・スロ”

 今、韓国ドラマの再放送”鉄の王:キム・スロ(金・首露)”に嵌っています。隣国で、古代日本に一番影響のあった、韓国について何にも知らなかったなぁ。このドラマでは、朝鮮半島南部に小部落が集まって合議制の集団を作っていて、その中心に祭祀を司る長だけが、”製鉄”できる権力を持っているのです。そこに、北方から漂流してきた赤ん坊が、成長し青年にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商業・金融業の成り立ち

 自給自足の生活から、人は必要な物を交換し合う(物々交換)ようにななった。商業の始まりかな?それから、すぐに必要ないが、後でも交換できる価値のあるもの(石・家畜など)との交換へ、金・銀などへと変わっていった。金融業の始まりかな?これをユダヤ人が始めた。ところが、キリスト教(カトリック)はこれを禁じた。  その後、宗教改革(プロテスタン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「平 清盛」

NHK大河ドラマ『平 清盛』が始まりますね。どう描かれるのか、楽しみです。私は宮島には3回行きました。最後に行ったのは、大河ドラマ『毛利 元就』の放映のときだったと記憶しています。ドラマの内容には余り触れないほうがよいので省きますが、厳島神社について(たぶん、触れないと思うので)私の記憶を書きます。  神社の床は、板に少し隙間を付けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖疎水

 琵琶湖疎水は琵琶湖から京都までの全長1万1103m(滋賀県側3724m、京都府側7379m)の水路(運河)で、①水道用水②防火用水③井泉への補水市内小河川の浄化などを目的とし、琵琶湖と京都を結ぶ水運としても利用された。 南禅寺水路閣は有名ですが、琵琶湖疎水記念館はあまり知られていないようです。ここは私のお勧め場所です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 5

 自叙伝 4で書いたことで、誤解しないで下さい。5段階の2だから(成績が良くないからといって)理解できないのではなくて、しないのですよ。私は約1万人(平均入学者数400人x30年)の高校生と出会った。根っから悪い人(俗に言う不良)も理解できない人もいなかった。ただ学校という集合体に合わなかっただけ。  僕らの出来ることは、興味を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 4

 私が工業高校土木科の生徒に、初めて教える科目は力学(当時の正式な科目名は、土木応用力学)。<ブログに書いているようなこと>学力的には、中学の数学・理科の成績が5段階で2程度の生徒が中心。  そして数時間教えてみて解ったことは、答えしか書かない生徒、マーカーを使ってきれいに書く生徒、何も書かない生徒が殆んど。  そこで最初に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 3

 学校は特殊な場所です。一方向の価値観だけが正しいと文科省が定め、しかも指導方法は一通りしかないと思っている。教育委員会はそれに従っているだけ。そして100満点だけが良くて、80点、60点はダメ。30点以下は赤点で論外。これが学校?  そうじゃあないだろう。いろんな生徒が入って、来ていろんな教師がいて、各個人々に合う誰かが対応でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 2

 そして4月8日始業式、全員が登校し、これからが本業の始まりです。  最初の授業の日、初めて教壇に立ち、40名の生徒の前でしゃべったこと。  「君たちとは初対面。中学校からいろいろな書類がきているが、私は何にも見ていません。全く白紙です。」  「この紙を何色に塗るかは君たちの勝手。何色でもいい。ただ、黒く塗るなよ。」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸事件

 エネルギー補給に、七曲神社に連れて行ってもらいました。そこには、滝 善三郎正信の碑が建立してあります。  高さ3mほどの碑です。碑文はもう読めませんが、次のように書かれています。  滝善三郎正信君義烈碑 貴族院議員正四位侯爵池田宣政篆額 滝善三郎正信は備前藩国老日置帯刀の家臣にして禄者百石を食む、人となり 誉勇にし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自叙伝 1

 私の名は カエサル。昔は シーザー と呼ばれていました。    ガリアからの帰途、「賽は投げられた」と言って、ルビコン川を渡りローマに凱旋した。当時の気力は、今の私(kaesaru)には、もう残っていないようだ。26日夜、ブルータスが「迎えに来ました」とやって来ました。高熱(40°近い)と、岩のように硬くなった足を引き裂こうとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史から学ぼう11(ローマのインフラ)

 実は、今日は私の誕生日。そこで、何を書こうかな?と考えて、私の名は”kaesaru”、本当は「Julius Caesar」だったな。だったら、”ローマ”。専門は土木だから、”道・水道”ということで、”ローマのインフラ”にしました。  時は紀元前312年、ローマ。アッピウスの時代。イタリアは、アッピア街道の工事が始まり、A.D…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歴史から学ぼう10(戦国時代の岡山) 宇喜多 直家 とは

 戦国時代の備前国(現岡山)は、室町時代の四職:赤松家の重臣:浦上 宗景(天神山城)が勢力を持っていた。その家臣として宇喜多 直家は、乙子城を与えられ児島湾の警備(海賊からの)に当たった。  乙子城⇒奈良辺城(新庄山城)⇒亀山城(沼城)と移りながら、どんどん勢力を伸ばし、1575年浦上 宗景を攻め、備中・美作の一部にも勢力を拡げていっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史から学ぼう9(戦国時代)

 この時代は、みんなよく知っているよね。  そこで、私なりのこの時代の歴史観を書いてみようと思います。    武田 信玄・上杉 謙信・毛利 元就・織田 信長など、名立たる武将が出てくるのですが、その中から織田 信長が勢力を伸ばしてくる。  ここまでの歴史の流れの中で、日本は中国・朝鮮の影響しか受けていなかった。そして、「地球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more