テーマ:これからの町創くり

”サイレント・プア”最終話での橋、わかりました!

 先日(6月16日)に書いた、NHKドラマ”サイレント・プア”最終話で登場した橋  わかりました。いつも見て頂いている『麗』さんが見つけてくださいました。  埼玉県朝霞市浜崎・溝沼地先 北朝霞駅の南東 朝霞市斉場の裏  <35°48‘45.9″N 139°35‘31.2″E>黒目川に架かる橋だそうです。  そこで調べてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御津産廃阻止同盟決起集会に参加して

 昨日(5月11日)決起集会に参加しました。快晴で暖かだったのですが、足が疼き疼痛剤(ブルフェン錠)を飲んで行きました。  最終処分場の概略図を書いてみました。  ここは、流域面積2815300㎡の谷に埋立面積37137㎡の産廃最終処分場になるのです。そこから浸出する廃液は、調整池に集められポンプアップされ、排水処理施設で浄化さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんとんみずき橋 撤去

 千葉県野田市「瑞季の街」の都市計画道路に架かる橋、1998年に設置された歩行者専用橋で、 『とんとんみずき橋』 全長194m 幅4~6m市道を跨いで住宅同士を結んだ木橋です。  アフリカ産の「ボンゴシ」材を使い、2002年に譲り受けたといいます。外観は、シンボルチックなとても良い橋だと思います。  ところが、2006年には、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『紙の協会』坂 茂 氏 米建築賞

 建築界のノーベル賞といわれる米建築賞『プリッカー賞』を、”坂 茂”氏 が受賞しました。日本人としては安藤 忠雄 氏などに続き7人目。同財団は、「創意工夫に富んだ設計を顧客に対してだけでなく、人道的取り組みの中でも広く行ってきた」とし「20年間、世界中の被災地を回り、住民らと協力して低コストで再利用可能なシェルターや住宅を設計・建築した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖疎水

 琵琶湖疎水は琵琶湖から京都までの全長1万1103m(滋賀県側3724m、京都府側7379m)の水路(運河)で、①水道用水②防火用水③井泉への補水市内小河川の浄化などを目的とし、琵琶湖と京都を結ぶ水運としても利用された。 南禅寺水路閣は有名ですが、琵琶湖疎水記念館はあまり知られていないようです。ここは私のお勧め場所です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかしな電気料金の請求

皆さんの家庭の電気料金の契約は何ですか?一般には従量電灯Aが多いのです。わが家は2年前に太陽光発電・オール電化にしたので、ファミリータイプ(プランⅡ)ですが。 ここでは従量電灯Aについて、おかしな計算を述べます。 例として、契約が従量電灯Aで、1ヶ月 393kwh使用した場合です。 まず、「電気料金ご使用量のお知らせ」と「領収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝6

人は生まれてから成長するに従って、より大きな壁(障害)にぶち当たります。自分自身で乗り越えるのが一番良いのですが、無理なとき親(友人・教師・・・・)が手助けをしてやりますよね。でも、やりすぎはダメ、放任もダメ。少しだけならOK!  手助けしすぎると、成長しないまま時だけが進み、手助け出来なくなったとき(中学生・高校生)に壁を超えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下水道について3

 前回に続いて、公共下水道と合併処理浄化槽の比較を、私なりに考察してみたい。ただし、ややいい加減に?  ある町のH22~26年の公共下水道計画をもとに、試算します。  図は、1400 人の地域住民を対象に計画された下水処理場です。  建設費用配分は、図中の比率で、総工費28億3800万円です。  建設費だけで、維持・管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税金について1

TPPが話題になっている中で、車について考えてみました。その中でも特に税金について・・・ 今、例として 200万円で普通乗用自動車を買いました。      ・排気量 2000 cc 車両重量 1.5 ton      ・石油 1バーレル(159 L)=99 ドル      ・1ドル=77 円      と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下水道について2

下水道の方向性 1  日本の公共下水道は、明治17年に造られたが、本格的には第二次世界大戦後の昭和30年(1955)で、その後「先進国に追いつけ」を合言葉に進んだが、高度成長(都市への人口集中)に比例するかのごとく水質汚濁が激しくなった。公共下水道だけでは効率が悪いと考え、広い地域をまとめて処理(流域公共下水道)・(ニュータウンにコミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下水道について1

今日の朝刊に、岡山市の下水道事業初の企業会計決算の記事があり、基準外繰り入れ27億円とあった。 そこで私なりの意見を順次述べたい。 まず、下水道の歴史から。  下水道はモヘンジョ・ダロから、古代エジプトへと残っているが、現代に通じるものとしては、7C頃からであると思う。  キリスト教(カトリック)が勢力を持ち始めると、入浴を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災のガレキ処理について

 東北3件のガレキ処理を、東京都が引き受け(50万トン:2年半)運搬が始まりましたが、全国で1727自治体ありながら引き受けたのは6自治体だけ。非常~~に残念ですね。  日本人の良しき心は失われたのですかね。皆んなで協力して頑張らなければ、日本沈没ですよ。  ガレキの総量は現在約2300万トンと言われていますから、単純に計算して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一杯 解答

ちょっと一杯の解答ですが 私はこの解答のみ考えていたのですが、娘より別解を送ってきました。それは・・・   5Lの容器(ボトル)に水をいれる。それを3Lの容器(ボトル)に移すと、5Lの容器に2L残る。   3Lの容器を空にして、5Lの容器に残った2Lを3Lの容器に移す。   5Lの容器に水を入れ、3Lの容器を満杯にするた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一杯

連休前ですね。ちょっと休みませんか。息抜きに一問・・・  頭の体操です。では・・・・・・  追伸:娘から答えの返信がありました。  それによると、3Lの容器を5Lの容器に入れる方法が提示されました。正しいのですが、問題を作ったときには、私の発想になかったことなので、修正します。口の大きな容器ではなく、口の小さいペットボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サステイナブル・シティ(レポート:オゾン層の破壊)

 イギリスの科学者チームが、南極大陸上空の成層圏オゾン濃度が、1977年から1984年までに1960年代の基準値から40%も急減したことを報告した。その後、米国海洋気象庁(NOAA)は、1987年までに50%以上も減少しており、高度15~20 km では95%にも達していることを知った。まさに、南極の上にオゾンの穴が空いていたんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 5

 自叙伝 4で書いたことで、誤解しないで下さい。5段階の2だから(成績が良くないからといって)理解できないのではなくて、しないのですよ。私は約1万人(平均入学者数400人x30年)の高校生と出会った。根っから悪い人(俗に言う不良)も理解できない人もいなかった。ただ学校という集合体に合わなかっただけ。  僕らの出来ることは、興味を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 4

 私が工業高校土木科の生徒に、初めて教える科目は力学(当時の正式な科目名は、土木応用力学)。<ブログに書いているようなこと>学力的には、中学の数学・理科の成績が5段階で2程度の生徒が中心。  そして数時間教えてみて解ったことは、答えしか書かない生徒、マーカーを使ってきれいに書く生徒、何も書かない生徒が殆んど。  そこで最初に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国債で破産

ギリシャは今、大変。ほっておくと、日本も危ないですよね。ただ日本の国債は、海外に殆んど出ていないので、今は大丈夫ですが。  2010.3 末の日本の国債残高は、771 兆円         借入金・短期証券:202 兆円 で合計 973 兆円  内訳 郵貯:           22.8 %      かんぽ:         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

液状化と異変

 今朝、モーニングXXという番組を見ていたら、「富士山に異変・富士宮市の住宅の床下から湧き水が噴出しています。」というニュースをしていました。原因は8・9月の雨だという。地下水の異変から思い浮かんできたことで、緊急に知らせなければと思い、筆をとりました。  東日本大震災による液状化で関東平野(特に浦安)は大変でしたが、今後大規模な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

力学を学ぶ学生さん 9

連続ばりの別解答です。 解答に必要な式です。 ーMcを+に変更してください。  問題の解き方は一通りだけではなく、いろいろな解き方があります。  ものの見方も同じで、一方向からだけ見たのでは、解らないこともあります。例えば、円柱を横から見ると長方形にしか見えません。上から見ると円にしか見えません。斜めから見て初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

力学を学ぶ学生さん 8

 前回の解答です。 解答中の Eは弾性係数(材料によって決まる値)、I は断面二次モーメントといって(断面の形によって決まる値)です。計算上では消えるので、今は無視して大丈夫です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

力学を学ぶ学生さん 7

 技術の進歩によって、一本の長い桁で橋が架けられるようになりました。そこで図のような、長い橋桁を真ん中で支える連続ばりと呼ばれる橋が主流になってきました。  難しいように感じますが、静定ばりとおんなじ おんなじ    動かない条件は、つりあいの3条件。ただし、支える力が4つになるだけ。  解き方はいくつかあるのですが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サステイナブル・シティ(レポート・酸性雨)

これは、1995年のレポートです。そのつもりで読んでください。  酸性雨  酸性雨とは、発電所や工場、自動車などで消費される化石燃料から排出される硫黄酸化物・窒素酸化物が大気中の雨や雪に溶けて降ってきたもので、霧になったものを酸性雨という。これができるのは、二つの原因が考えられる。一つは大気中に漂っている汚染物質が水滴の核になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

力学を学ぶ学生さん 6

取り合えず 5の解答を!  いままでの”はり”は、三つの条件で解答できました。これを「静定ばり」といいます。作用する荷重と支える力(反力)が、全て解りました。  この力に対して対応できる材料は何か?どんな形(断面)にすべきか?ここからが、設計です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

力学を学ぶ学生さん 5

ゲルバーばり ドイツ人 Gerber(1832~1912)の考案した理論  考え方は、おんなじ おんなじ    長い橋を架ける技術がまだなかった時代(特に川の中に橋脚(支える柱)を施工する技術が未熟)に、不等沈下に強い工法として考えられたものだと思います。<図でいえば、赤く書いてある真ん中の橋脚が沈んでも、ピン(丸で示してある)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 3

 学校は特殊な場所です。一方向の価値観だけが正しいと文科省が定め、しかも指導方法は一通りしかないと思っている。教育委員会はそれに従っているだけ。そして100満点だけが良くて、80点、60点はダメ。30点以下は赤点で論外。これが学校?  そうじゃあないだろう。いろんな生徒が入って、来ていろんな教師がいて、各個人々に合う誰かが対応でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自叙伝 2

 そして4月8日始業式、全員が登校し、これからが本業の始まりです。  最初の授業の日、初めて教壇に立ち、40名の生徒の前でしゃべったこと。  「君たちとは初対面。中学校からいろいろな書類がきているが、私は何にも見ていません。全く白紙です。」  「この紙を何色に塗るかは君たちの勝手。何色でもいい。ただ、黒く塗るなよ。」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸事件

 エネルギー補給に、七曲神社に連れて行ってもらいました。そこには、滝 善三郎正信の碑が建立してあります。  高さ3mほどの碑です。碑文はもう読めませんが、次のように書かれています。  滝善三郎正信君義烈碑 貴族院議員正四位侯爵池田宣政篆額 滝善三郎正信は備前藩国老日置帯刀の家臣にして禄者百石を食む、人となり 誉勇にし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自叙伝 1

 私の名は カエサル。昔は シーザー と呼ばれていました。    ガリアからの帰途、「賽は投げられた」と言って、ルビコン川を渡りローマに凱旋した。当時の気力は、今の私(kaesaru)には、もう残っていないようだ。26日夜、ブルータスが「迎えに来ました」とやって来ました。高熱(40°近い)と、岩のように硬くなった足を引き裂こうとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史から学ぼう11(ローマのインフラ)

 実は、今日は私の誕生日。そこで、何を書こうかな?と考えて、私の名は”kaesaru”、本当は「Julius Caesar」だったな。だったら、”ローマ”。専門は土木だから、”道・水道”ということで、”ローマのインフラ”にしました。  時は紀元前312年、ローマ。アッピウスの時代。イタリアは、アッピア街道の工事が始まり、A.D…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more